人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

グラな日々 -カヤックを趣味にしよう。コツやモノについてのあれこれ-

gravityjp.exblog.jp

バウラダーとバウドローの違いとは?

中Bクラス
前回講習の終わりにリクエストがあったので、今回はバウラダーをやりました。
バウラダーとバウドローの違いとは?_e0008207_22514311.jpg


バウラダーとバウドロー。
どちらも回転するテクニックですが、ブレードの使い方が大きく違います。

バウドローは、ドロー、つまりブレードにバウ(正確には太もも)を寄せながら回転する動き。
対してバウラダーは、斜め前方へスカーリングしながら回転する動き。

ドローはブレードで水をキャッチしますが、ラダーは水を捕まえるのと切るのとの間の向きを作ります。
けっこう混同しちゃってる人が多いですけどね。
ぜんぜん違うんですよ。

ということで、まずは静水でスカーリングから。
これでブレードの感触を覚えます。

次に回転する動きを覚えます。
ポイントは「寄せない」。
これを間違えると、ラダーになりません。

パドルの使い方がわかったら、今度は回転してみます。
回転系の動きは、スイープストロークも含めてみんな一緒ですが、胴体の旋回を使います。

最期に実践。
バウラダーを使ってエディへ入る→出る。
バウラダーを使って流れに乗る。

***
途中、動画も撮りました。
笑下岩のエディキャッチ。

上がったあと、その動画で解説。
今回はエディ内の水の動きについて。
これがわかると、わき上がりのあるところでもスムーズに艇を動かせるようになります。
バウラダーを使えるようになると、さらに流れるような動きもできます。

最期にロール練習。
「水が冷たい!」といいつつ、熱心に練習しました。
みなさん、熱いですね。

● S子さん:バウラダー、バウドローのパドルが立って、いいですね。艇の角度もよくできています。今回やったバウラダー、まずはゆるいところで練習してみてください。
● N村さん:しっかり艇を進められていて、よかったです。バウラダーはあわてないこと。じわっと動かせるようになると効きますよ。
● M川さん:流れの入り方、安定してますね。パドルも立てて使えるようになってきました。ロールも上達しましたね。あとは度胸・・かな^^
by gravity-jp | 2012-01-15 22:38 | カヤック講習
<< スピン講習 ちょっとしたきっかけ >>