人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

グラな日々 -カヤックを趣味にしよう。コツやモノについてのあれこれ-

gravityjp.exblog.jp

ロールスランプから抜け出すには

平日のロール講習
今回は、カヤック歴の長いKさんです。
ベビトラ会長就任おめでとうございます!)

講習前に話したところ、
「まるで上がる気がしない」
とのこと。

‥むむむ、かなり重症ですね。

でも、だいじょうぶ!
上がるようにしてみせますよー!

***

経験者が陥りやすいのが、負のスパイラル。

ロールの形が崩れる
 ↓ 
ロールが上がらない
 ↓ 
上がらないから余計にチカラが入る
 ↓ 
さらに上がらない
 ↓ 
チカラが入る
 ↓ 
上がら(以下略)

このスパイラルに入ってしまうと、自分自身を信じられなくなります。

そもそも、ロールが上がらなくなっちゃったひとは、慌ててます。
かなり。
だから、セットがちゃんとできていないうちからロールを始めちゃうのです。

慣れてくるとセットしなくても上がれるようになりますが、上がらなくなったら(重症になる前に)、初心に戻ってセットを丁寧にするといいです。

 体軸を中心に旋回
 パドルと胴体を一体化
 重心の位置
こうやって改めて書いてみると、普段漕いでいるスイープストロークやフォワードストロークとまるで一緒ですね。
この3つがしやすいように、ロールのセットをします。

***

次に、パドルを動かす方向

ロールスランプのひとは、
 パドルを川底へ抑えこんで自分が上がろうとする
イメージを持っています。

これでは上がりませんキッパリ)。

 自分もボートも水の上にぷかぷか~っと浮いて、
 浮いたまま水面を撫でながらコロンと身体をひねる
といったイメージです。

イメージはすごく大事ー!!

***

とはいえ、ロールは息ができないからやっかいなんですよねー。

だから案外、呼吸トレーニングとかやったほうが早道だったりします。
少なくとも40秒は息を止めるので、水の中での余裕がぜんっぜん違います。
体調がよくなって健康にもなるし、一石二鳥なんですけどね。
うわー死ぬ!っていうくらいに苦しいので、続けられないひと多数。

***

ロールスランプから抜け出すには、自分なりの「これ」といったポイントを見つけること。
失敗するときと成功するときの感覚の違いがわかるようになると、かなり確率を上げやすいです。

ロールスランプから抜け出すには_e0008207_16383007.jpg
重症だったKさん、最後にはプレイボートでちゃんと上がるようになりました。
大きなクリークボートでも、上がれていました! わーい!

「もう戻ってきません。」
言い残してグラビティを去っていきました。
さみしいけど、どうか戻ってきませんように。

***

グラビティは‥
● 初めてでも大丈夫!カヤック初心者体験クラスを開催しています。
 もちろん道具はレンタル付き。着替えを用意するだけ!
● 中級者向けのソフトやハードが充実。
 伸び悩みを感じる、漕ぎ友達を探したい、など中級クラスからの参加もOKです。
● ロール講習 は毎月最後の週末と平日に開催。ロールスランプのかたもどうぞ。

by gravity-jp | 2015-09-03 12:00 | カヤック講習
<< 座る姿勢と身体の硬さ エディラインはどこにある? >>