人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

グラな日々 -カヤックを趣味にしよう。コツやモノについてのあれこれ-

gravityjp.exblog.jp

重心がバタバタと暴れる理由

中Bクラス
ちょっと冷え込んだものの、いい天気。

放水口~沢井まで(三岩~タテ沈下まではポーテージ)。

今回は、流れが集まって瀬が多い上流コースに挑戦。
ところどころでスカウティング(陸上から偵察)しながら、川下りメインでやりました。
瀬によっては、落差があったり、本流に返し波が強くたっていたりで、バランスを崩しやすい要因がいっぱい。

安定して下るには、ボートの上に重心を保つこと。
ボートから重心がはみ出したときに、沈します。

重心がはみ出てしまうのは、
 軸が前後に倒れる
 軸が左右に倒れる
 軸のイメージがない
が原因。

軸が前後に倒れがちのひとは、手で漕いじゃってます。
パドリングの後半に、後傾になりやすい。

キャッチのときに前傾して、フィニッシュで後傾しているため。
大きく漕いだ時に、重心も大きく後ろに外れてしまうのです。

また、重心が前後してしまうと、ボートの進みが悪い。
重心目線で考えると、ミシンのように前後しながら進むことになるから。
一見、動作が大きく見えても、ブレーキをかけながら動かしてるようなものです。

立ち上がっている軸を中心に水平方向へ回転できると、重心がぶれにくくなります。
重心が安定するので、流れの強いところでもボートの角度をコントロールしやすいです。

フォワードストロークはついつい水中へ向かって掘る動きをしてしまいがち。
フォワードストロークでも、軸を中心に回転、回転です!

***
重心がバタバタと暴れる理由_e0008207_20045633.jpg
Kさん、ロール確率100%、おめでとうございます!グラカップのあとから、めざましい上達ぶりです。すごいー!
Nさん、重心が安定していて、パドリングがしっかりしています。あとは気持ちの余裕を作りたいです!

***

グラビティは‥
 伸び悩みを感じる、漕ぎ友達を探したい、など中級クラスからの参加もOKです。
 水から上がったあとは、動画での解説をしています。課題が明確になって、練習ポイントをつかみやすいです。
 水位の低い今だからこそ、基礎をみがこう!
● 12~3月のロール講習 中Bクラスの中でやっています。ロールスランプのかたもどうぞ。
● 刺し系だけの静水ドリル@タテ系や、サーフィン講習スピン講習など、やりたいことだけの集中講習もあります。

by gravity-jp | 2016-12-24 20:02 | パドリング
<< 体軸の意識って大事だよね 水と会話する >>