人気ブログランキング | 話題のタグを見る
ブログトップ

グラな日々 -カヤックを趣味にしよう。コツやモノについてのあれこれ-

gravityjp.exblog.jp

ボートのどこに水を当てる?

さて、質問です。

リーン(ボートの傾け)は、なんのためにやってるんでしょうか?

転ばないため、だけではないです。
リーンをしていても転びますし、逆にリーンが原因で転んだりもします。

いくつかあるうちのひとつは、
 ボートの狙った部分に水を当てるため、
です。

自分から水に当てていけば、ボートが予想外の動きをしにくくなります。
さらに、受ける流れのチカラを使ってボートを動かしてもらえます。

水をボートに当てていくには、勢いが必要。

自転車やスキーを思い浮かべるとわかりやすいのですが、止まった状態で傾けても、バランスを崩すだけですよね。
それと一緒で、ボートも動いている状態でやったほうが、安定して傾けられます。

なので、リーンをするためには勢いをつけたいです。
そのためには、フォワードストロークでしっかりとボートを前へ進められること。
これが大前提です。

基本的には、ボートの真ん中へ、圧をかけていきます。
今回は、2つのリーンを練習しました。

1 下げている側へ曲がる
2 上がっている側へ曲がる

同じリーンをしていても、ボートのどの部分に水を当てるかで、曲がり方が変わります。
これが理解できると、流れの中でもボートコントロールをしやすくなります。

まずは、リーンの基本から。
左右どちらを漕いでも、同じリーンを保ちます。

漕ぐたびに、漕ぐ側が下がったり、強弱がついたりしないようにします。
普段からリーンを意識しないでいると、無意識に左右に傾きながら漕いでたりします。
また、真ん中に乗れていないと、バタバタしやすい。

一定のリーンができたところで、1と2の練習をしました。
1は、ボートの形状を利用してカービングしながら曲がっていくイメージ。
2は、ズレるような滑るような感覚で曲がっていきます。
当てる位置によって、ボートの挙動が変わるのがわかります。

その感覚がわかったところで、流水へ。

今回は1のリーンを使いながら、ダウンリバー。
流れの中で、どの水にボートを当てるのか。
エディ内では、どこに当てていく意識をもつのか。

積極的に当てにいく感覚がわかると、ボートをしっかりコントロールできるので、安定感が増します。
真ん中に乗る、ボートをしっかり進める、ボトム(おしりの下)に水を当てにいく。
川下りしながら、いろんな流れで実践。
ボートのどこに水を当てる?_e0008207_00224202.jpg
意識しつづけるのに疲れるので、途中で休憩~。
すっかり春の日差しです。

Yさん、リーンがすごくスムーズ!滑るように流れの中で動かせていました。
Tさん、スピードが出ているのと、真ん中を踏めてるので、安定感がありました。課題は角度ですね。ボートの声を聞いてください。
Nさん、後半はリーンが安定して、ボートが走るようになりました。水の動きも感じられると、リーンの切り返しどころがわかってきます。水と仲よく!

***

春めいてきましたね。
グラビティはもりもり講習をやっています!
春の雪解けシーズンに向けて、パドリング、リーニングを練習しませんか?
安定したボートコントロールを目指しましょう。

by gravity-jp | 2019-03-02 20:31 | ダウンリバーテクニック
<< カヤックは、自分、パドル、ボー... 世界の川を旅したい >>